医師

精神病治療の助けになる|クヨクヨ悩まずとも心配御無用です

このエントリーをはてなブックマークに追加

精神疾患の治療

カウンセリング

寛解を目指して

精神病と一言で言っても、統合失調症やうつ病等、いくつかのものがあり、そのそれぞれで特徴が異なります。しかしながら、治療方法は薬物療法が中心となることで共通しています。精神病は気合や根性で治せるものではなく、お薬で化学的に回復を目指すことが基本的な治療方法となります。また、多くの場合、精神病は完治することがなく、その代わりに寛解することができます。この寛解というのは症状が消えたわけではなく、お薬を服用することで症状を抑え、日常生活を送ることができる状態のことを言います。寛解は精神病だけでなく、その他の慢性的な身体疾患にも共通する終着点であります。この寛解を目指すには、お薬の作用が副作用を上回り、副作用や症状に振り回されないような状態になる必要があります。そのため、診察時に現在の症状や、お薬の作用や副作用について主治医に適切に報告する必要があり、日常的に自分の状態について把握しておく必要があります。日記等をつけておくと体調について客観視でき、主治医への報告もしやすくなります。

その他の治療法

精神病の治療方法において薬物療法が基本となりますが、その他の治療方法としては心理社会的療法が挙げられます。この心理社会的療法というのは、症状の再燃を防ぎ、健康的な生活を長く続けるためのスキルを習得する治療法のことです。具体的には、病気についての知識を獲得するための心理教育を受けたり、コミュニケーション能力を高めるSSTといったプログラムに参加すること等が心理社会的療法に該当します。これらは精神科の病院に併設されているデイケア等で受けることができます。心理社会的療法には、臨床心理士による精神療法もあり、個別面接を通して、本人の抱える問題を解決に向けて一緒に話し合うということも行われます。この他、レクリエーションを通してストレスを発散させたり、社会資源を利用してより良い生活を送ることも、薬物療法以外の治療方法となります。こうしたことから、精神病になったとしても悲観する必要もなく、様々な治療法やサービスを利用することで豊かな生活を送ることもできます。