医師

精神病治療の助けになる|クヨクヨ悩まずとも心配御無用です

このエントリーをはてなブックマークに追加

不調を感じたら

悩む男性

勇気を出して受診を

なんとなく体がだるい、また、目覚めが悪く特に午前中はやる気が出ないという方、精神病である可能性が考えられます。精神病というと、どうしてもその名前に抵抗があるという方が多いかもしれません。精神病という名前のとおり、病気なのです。しかし、病気は早期発見早期治療が基本であるように、早めに治療を始めれば症状が重くなる前に回復することができます。まずは、かかりつけの内科で結構ですので、そこで相談しましょう。内科では対処できないと判断した場合は、精神科や心療内科への紹介状を書いてもらえます。ご自分で最初から精神科や心療内科を受診するのは敷居が高い場合は、この方法がお勧めです。いずれにしても、まずは治療を目的として病院を受診することから始めましょう。なんとなく調子が悪いと思いながら、今までと同じ生活をしていただけでは回復することはありません。服薬治療が中心ですが、受診して、専門の医師とカウンセリングをすることで随分と回復が図られることも多いのです。治療内容などに不安があるかもしれませんが、安心して受診できる体制が整っているので、安心してください。

自分を出しましょう

精神科や心療内科の治療は、基本は投薬治療であるものの、受診した際のカウンセリングも大きな比重を占めています。カウンセリングでは、専門の医師と話をするわけですが、みなさんが想像するような難しい話をするわけではありません。カウンセリングの目的は、あなたの現状を正確に把握して、適切な治療方針を決定するためです。そこで、注意することがあります。初めて受診する場合は、当然担当の医師とも初対面です。また、精神病になりやすい方は、初対面の方と自分の事について話をするのが苦手なことが多いです。ここで、自分のことを少し隠しながら話をしてしまったり、実際の症状よりも軽く申告してしまったりすると、その後の治療に影響してしまいます。薬は、あなたとのカウンセリングによって導き出した病状によって種類を替えています。精神病の薬は非常に多くの種類があり、その症状にぴったり合った薬に巡り合えることで劇的に症状が改善します。カウンセリングで話をすることで、気持ちがすっきりすると同時に、医師への信頼も増して積極的に治療に取り組むことができるようになります。ぜひ、勇気を出してご自分の事を伝え、一日でも早く病気を克服しましょう。また自分だけで行くのが不安であれば、家族と一緒に行くことも可能です。