放っておくと悪化する精神病

精神病治療の助けになる|クヨクヨ悩まずとも心配御無用です

このエントリーをはてなブックマークに追加

精神疾患の治療スパンとは

ドクター

定期的な治療が必須

大きなストレスを感じることが多いと言われる昨今の社会では、精神病に悩む方が増加しています。一方で、精神病についての正しい知識を持っている方はまだ少なく、円滑な治療が行われにくいという状況もあります。正確な情報を得て、スムーズな治療を心がけることが必要です。精神病の治療の大きな特徴として、2週間単位などの短めのスパンでの通院が求められることが挙げられます。ストレスが発症のきっかけとなることが多い精神病では、患者を取り巻く環境が病気に大きく影響します。短い期間でも些細な環境の変化が疾患の悪化をもたらすことも多く、比較的短いスパンで通院が必要となります。通院の頻度が多い理由としては、薬物治療の効果と副作用を確認するためということも挙げられます。精神病の治療薬は眠気などの副作用が出るものが非常に多く、患者の生活にかえって支障が生じることがあります。処方薬の副作用を抑えながら、できる限り効果の大きい治療法を選ぶことが頻繁な通院によって目指されます。クヨクヨ悩まずとも心配御無用です。

受診頻度の工夫

精神病は特に症状が強い初期から中期にかけては、頻繁な通院を求められることがよくあります。この時期は症状が急変しやすく、自殺願望などの命に関わる症状が出ることもあります。そのため、多めの通院で慎重な対処が行われます。治療が進んで顕著な症状が緩和していくと、短期間で症状が急変することが少なくなってきます。この段階では頻繁な通院がかえって患者にとって負担となることがあります。そのため、治療が進んできた場合は通院回数を減らせないか医師に相談することが大切です。一方、治療が進行しても症状が悪化した場合の重症度が高い方もいます。特に処方薬を大量に服用してしまうことがある方は通院回数に工夫が必要です。悪化した場合に衝動的な行動が出やすい場合、受診するスパンを一定にして定期的に症状を確認してもらいましょう。定期的な受診によって気になることを医師にすぐ相談できますし、治療が進んでいるという安心感を得ることもできます。以上のように、個々のケースに応じて通院スパンを調整することが精神病の治療では大切です。

安心できるところを探す

ウーマン

精神病で通院する場合、安心して通院できる心療内科や精神科を選択することが重要です。インターネットで評判などを調べておきます。もちろん、交通の便なども調べておくと安心です。また、最近は配慮がなされているクリニックが多くなっています。

不調を感じたら

悩む男性

精神病という名前に抵抗がある方が多いかもしれませんが、早期発見早期治療により回復が可能です。まずは、かかりつけの内科からで結構ですので、勇気を出して受診しましょう。そして、カウンセリングではご自分の気持ちをしっかり伝え、一日でも早く元気を取り戻しましょう。

精神疾患の治療

カウンセリング

精神病の治療方法は薬物療法が第一で、それによって寛解が目指されます。その他、心理社会的療法も精神病の治療方法の一つであり、回復に向けた多様な取り組みがその中に含まれます。それら治療法に加え、様々なサービスを利用することでより豊かな生活を送ることもできます。

精神疾患のタイプと治療法

メンズ

精神疾患と呼ばれる病気には多くの種類があって、症状も多様です。精神科で治療対象としている障害や病気には精神病や気分障害の他に、発達障害や不安障害・依存症・認知症も含まれます。統合失調症などの精神病は、妄想・幻覚や思考障害が症状の特徴です。治療法には薬物療法に加えて精神療法・作業療法などがあります。

特別な病気ではありません

カウンセリング

精神病は、特別な病気ではありません。誰もがある日突然、患うかもしれない病気であるため、注意が必要です。周りの人への変化を見逃さず、異常を感じたら、精神科や心療内科への受診を勧めるようにします。治療に用いられる薬は、5種類あります。